医療法人社団 新芽会 美園産婦人科小児科

札幌市豊平区美園にある産科・婦人科・小児科 医療法人社団新芽会 美園産婦人科小児科
妊娠指導・乳幼児健診・マタニティルーム・マタニティヨガ

  • 診療時間 9:00~17:00
    木曜・土曜 9:00~12:00
    日曜・祝日 休診
  • 診療時間 9:00~18:00
    木曜・土曜 9:00~12:00
    日曜・祝日 休診

ご予約・お問い合わせはこちら

011-824-0303

お母さんと赤ちゃんのABC

お産について

お産の前の心構え

お産の主役、それはあなたです。
あなたのイメージするお産とはどんなものですか?

痛いのかな、苦しいのかな、楽しみだな、やっと会えるな…
これから初めてのお産を迎えようとしている方なら、プラスもマイナスも入り混じった思いを抱いていることでしょう。
お腹に赤ちゃんを授かった以上、産まれてくる日は必ずやって来ます。あなたのお産に対するイメージ次第で安産にもなり、難産にもなり得るのです。
お産が長引いたり、ありえないと思うほど痛んだりする時、その原因の半分は心にあると言われている程です。

お産とは、体にどんな事が起こるのでしょうか

お産は子宮という部屋のドアが開き、骨盤や腟というトンネルを赤ちゃんがくぐりぬけてくる事なのです。陣痛というのは、部屋のドアを開くため、赤ちゃんがトンネルをぬけるために必要不可欠なエネルギーです。その陣痛は他でもないあなた自身の体で起こる反応です。陣痛のエネルギーがより有効に働くようにする事。それはスムーズなお産を導き、ひいては赤ちゃんに負担の少ないお産といえるでしょう。

陣痛のエネルギーがより有効に働くように

・ 陣痛を受け入れること(拒否しちゃいけません)
・ 上手にリラックスすること
・ 一緒に陣痛を味わっている赤ちゃんを思うこと

新しい家族の誕生という大イベントの主役はあなた自身!
その手助けとして、私たち医療スタッフがサポートさせていただきます。

上手にリラックスするための方法

定番ですが、呼吸法がとても効果があります。深くゆっくりとした呼吸、それさえできればOKです。陣痛で全身を締め付けられている赤ちゃんに、きれいな空気をたくさんあげるイメージで…。そして、妊婦健診などで病院にいらしたら、私たちとたくさんお話しをしましょう。マタニティルームやマタニティヨガも良い機会です。私たちと顔見知りになりましょう。いざお産で入院されてきた時に、馴染みのあるスタッフがいたとしたら余計な緊張をほぐす事ができるかも知れません。

さあ、いよいよ赤ちゃん誕生です

おなかの中の赤ちゃんは、お母さんの骨盤という"骨のトンネル"をくぐって産まれてきます。その硬いトンネルを少しでもくぐり抜けやすいように、骨盤の形を整えておきましょう。陣痛が始まったから…といって、横になっている必要はまったくありません。お母さんが動くことで骨盤の動きができて、赤ちゃんがくぐって来ることの助けになります。そのトンネルを上手にくぐってきた赤ちゃんを、最高の笑顔で迎えてあげましょう。

Copyright © Misono Matanity Clinic. All rights reserved.
スマートフォンサイトへ