予防接種について

私たちは、日常生活の中では、さまざまな細菌やウイルスが共存しているため、されぞれに対する抵抗力がないと病気(感染症)にかかってしまいます。

予防接種とはワクチンを接種して、病気に対する抵抗力をつくることにより、発病を予防したり、症状を軽くしたりする方法です。お母さんが臍帯を通じて赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(「以降抗体」と呼ばれています)は、生後数ヶ月の間に自然と失われていくため、赤ちゃん自信で免疫をつくる必要が生じてきます。

また、お子さんが大きくなるにつれ、外出の機会も多くなります。保育所や幼稚園に入る前に予防接種で免疫をつくり、感染症を予防しましょう。

ワクチンとは

予防接種に使用する薬液を『ワクチン』といいます。ワクチンには、感染症の原因となる病原体を病気を起こさない程度に性質を変えたり毒素を弱めるなど、そのつくられ方から3つの種類があります。

  • 生ワクチン

    生きた病原体の病原性を弱めたものを接種して、体の中で増やし免疫をつくります。

    (生ワクチンを接種した日から次の接種を行うまでの間隔は、27日間以上あける。)

  • 不活性ワクチン

    免疫をつくるのに必要な成分を病原体から取り出し、可能な限り毒性をなくしたものを何回か接種して免疫をつくります。

    (不活化ワクチンを接種した日から次の接種を行うまでの間隔は、6日間以上あける。)

  • トキソイド

    細菌が産生する毒素だけを取り出し、毒性を弱めたものを何回か接種して免疫をつくります。

    (トキソイドを接種した日から次の接種を行うまでの間隔は、6日間以上あける)

他のワクチン

生ワクチン おたふく/水ぼうそう/ロタウィルス/MR(麻疹・風疹混合)/(風疹)/(麻疹)
不活化ワクチン B型肝炎/四種混合/ヒブ/肺炎球菌/インフルエンザ/日本脳炎
トキソイド 二種混合

当院で予防接種を受けられる方へ

予約方法と注意事項

  • 予防接種は予約制です。
    接種希望日の前日にお電話にて予約を受け付けています。
    予約の電話受付は 午前9:00~12:00、午後13:30~17:00 です。
    接種希望のワクチンの種類と過去の接種状況をお聞きします。
  • 予防接種当日は、午前9:00~11:00、午後13:30~16:30 の間に来院してください。
    ワクチン接種による副作用の確認が必要なため、診療終了時間より早めに来院して頂きます。
  • 母子手帳を忘れずお持ちください。
    複数同時接種を行っております。
    定期接種ワクチンは、札幌市に住民票のある方が対象です。

当院で受けられる[定期接種ワクチン]

B型肝炎 0歳のうちに3回
ヒブ 5歳までに4回
小児用肺炎球菌 5歳までに4回
四種混合 3ヵ月から7歳半までに4回
MR(風疹・麻疹混合ワクチン) 1歳から2歳未満で1回 と 小学校入学前の1年間で、計2回
水痘(水ぼうそう) 1歳から3歳未満で2回
日本脳炎

6ヵ月から7歳半までに3回 と 9歳で、計4回

標準的には3歳から接種を開始します。

生年月日により特例措置があります

HPV(ヒトパピローマウィルス) 小6から高1の女子で、計3回
二種混合 11歳から13歳未満で、1回
  • BCGは各区保健センターで実施しています。
  • 定期接種ワクチンでも規定年齢を外れた場合は、有料になります。

当院で受けられる[任意接種ワクチン]

ロタウィルス(内服するワクチン)

1価ワクチン~生後6週から24週までに2回(当院はこちらを使用)

5価ワクチン~生後6週から32週までに3回

おたふくかぜ 1歳以上で接種。かかったことがなければ2回接種を推奨
インフルエンザ 6ヵ月以上 13歳未満は2回、13歳以上は1回
A型肝炎 1歳以上で、3回
髄膜炎菌 2歳以上で、1回
  • A型肝炎・髄膜炎菌に関しては、ワクチン入荷に日数を要しますので、早めに連絡をしてください。
  • 具体的な接種スケジュールに関してはこちら(http://www.know-vpd.jp/)をご参照ください。
  • クリニック紹介

    • 院長のご挨拶
    • 診療方針について
    • 当院の取り組み
  • 小児科

    • 診療科目のご案内
    • 診療時間について
    • 受診についての注意事項
    • 院内ギャラリー
  • 予防接種(ワクチン)

    • 予防接種を受けられる方へ
    • 定期接種ワクチン
    • 任意接種ワクチン